弁護士コネクション

あなたが抱えている問題に強い弁護士に無料で相談

交通事故トラブル

交通事故のトラブル

交通事故は、被害者はもちろん、加害者になってしまった場合でも、人生の歯車が大きく狂ってしまうことがあります。
交通事故を起こさないように、常日頃安全運転を心がけるのはもちろんですが、安全運転をしていてもトラブルに巻き込まれることが絶対にないとは言えません。
被害者になってしまい、相手の示談交渉に納得できない、加害者を許せない、という方ももちろん、被害者が示談交渉に応じてくれない、法外な金額を要求される、相手の怪我がいつまでも完治しない…など、加害者にも悩みは発生します。

交通事故には厳罰が下される

自己の不注意で交通事故を起こし相手に怪我を負わせてしまうと、自動車運転過失傷害罪、さらに相手を死亡させてしまった場合には、自動車運転過失致死罪が成立します。
ひき逃げやあて逃げの場合、これらの過失致死傷罪に加え、道路交通法上の救護義務違反、報告義務違反の罪に問われる可能性もあります。
また、一定値以上のアルコール量が検出される「酒気帯び」や「酒酔い」などの飲酒運転状態で人身事故を起こしてしまった場合は、被害者の怪我の程度等によっては初犯であっても実刑判決により刑務所に入らなくてはならない場合があります。
近年は交通事故に対して以前よりも厳しい判決が下される傾向にあるため、早期に弁護士に相談することが重要といえます。

弁護人に早期相談を

仮に交通事故を起こしてしまっても、自動車の運転に過失がなければ自動車運転過失致死傷罪は成立しません。
こういった場合、弁護士を通じて現場の状況や運転状況や被害者の動き等を詳細に調査したうえで、事故の発生を避けることが困難で、運転者に過失がなかったとことを立証し主張します。
また、自身に過失があった場合でも、被害者に謝罪の意思を伝え、示談交渉をすることによって、実刑判決を避けることが弁護士の大きな役目といえます。
日本法規情報の交通事故相談サポートは、無料で交通事故問題に強い弁護士事務所を紹介してくれます。
もちろん全国対応です。

やはり一番つらいのは被害者です

交通事故の被害者になった場合、保険会社が提示する示談金に納得がいかないこともあります。
加害者が誠意ある対応をしてくれているにもかかわらず、保険会社の主張する過失割合や提示された賠償額に納得がいかない、保険会社の対応が高圧的で疑問を感じる、物損補償や休業補償に納得がいかない、治療を続けたいのに治療費の打ち切りを迫ってくる、示談に応じてよいのかわからない、加害者側の弁護士がでてきたなど、こちらが被害者であるにもかかわらず、後からさらに嫌な思いをすることがあります。
こういった場合、簡単に示談に応じずふづき法律事務所弁護士法人ALG&Associatesやよい共同法律事務所優和綜合法律事務所など、交通事故の被害者救済経験の豊富な弁護士に相談することをおすすめいたします。
いずれの事務所も相談無料、着手金も無料です。
弁護士特約があれば費用は一切かかりませんし、弁護士特約を利用しても保険の等級は変わりません。
また、弁護士特約がない場合でも、示談金の増額がない場合成功報酬が発生しないので安心です。
納得がいかない、少しでも疑問を感じる場合、示談書にサインせずに、弁護士に相談することをおすすめいたします。

ふづき法律事務所の無料相談を受ける
弁護士法人ALG&Associatesの無料相談を受ける
やよい共同法律事務所の無料相談を受ける
優和綜合法律事務所の無料相談を受ける

公開日:
最終更新日:2016/06/12